ヘッダーイメージ
講義科目

2019年度講義科目の紹介です。
学内専用です。学外からのダウンロードはできません。

                 
基礎ゼミ(理数自主研究) (共通教養)
ガイダンス・自己紹介フォーマット
カリキュラム
理学部2Qプログラム ver4
理学部英語 ver3
研究テーマ相談
研究計画書作成
研究計画書発表

e-ラーニング

周期表の化学 (Basic Inorganic Chemistry) (理学系)
1. 無機化学の基礎1
2. 無機化学の基礎2
3. 水素
4. 1族元素
5. 2族元素
6. 13族元素
7. 14族元素
8. 15族元素
9. 16族元素
10. 17族元素
11. 18族元素
12. d-block元素
13. f-block元素
14. appendix1
15. appendix2

先端科学技術Ⅱ (物質科学コース)

2019年度
9月27日(金) ガイダンス

10 月11 日(金) 「環境と自然林回復」
        講師: 藤原一繪 横浜市立大学
         権現山・お伊勢山散策
10月18 日(金) 「廃水処理と資源リサイクル」 
         講師: 横山昌夫 ESアドバイザー
        「             」
11月15 日(金) 「持続可能な社会における交通、EVの可能性と二次電池」
        講師: 出町敦 本田技研 
        事前課題
11月22 日(金) 「太陽光発電とスマートグリッド」
        講師: 渡辺憲治 東芝 
        資料
12月 6日(金) 「沿岸災害: 津波、高潮、海岸浸食」 
        講師: 栗山善昭 港湾空港研究所
        施設見学
12 月13 日(金) 「燃料電池開発の歴史と近況」
        講師: 吉武 優 (一社)燃料電池開発情報センター
        
12月13 日(金)  試験

           


 e-Learning
    本学e-ラーニングサイトにジャンプします。
    学外からアクセス可能です
  リメディアル講座(基礎物理学)
リメディアル講座(基礎生物学)
・リメディアル講座(基礎化学)

入学前教育 物理学

先端物性測定実習Ⅰ・講義Ⅰ (物質科学コース)
実習:. 光学分割と旋光性(Optical Rotation) 
      円二色性(Circular Dichroism)
講義: CD 
               

過去の実験テーマ
1. HPLC:  市販飲料水中のカテキン・カフェインの分析
2. UV-vis:  銅(II)イオン・過マンガン酸イオン・カテキン・カフェインの可視紫外吸収スペクトルの測定と解析
3. UV-vis:  クロム(III)イオンの励起状態 (Excited states of Cr(III) ion)
4. Emission:  発光物質の合成と発光観察 (Synthesis of Alq3 and luminescence of some metal complexes)
5. 水の硬度決定: (横浜サイエンスフロンティア高校)

光物質科学特論II (物質システム科学専攻)
1.金属錯体の溶液内挙動と分子間相互作用
2.吸収・発光スペクトルに対する溶媒効果
3.励起状態での電子移動・エネルギー移動・プロトン移動
4.励起状態からの緩和過程、放射遷移・無放射遷移
5.金属錯体の結晶構造
6.金属錯体の酸化還元反応と動的構造変化
7.金属錯体光センサー
8.光反応、光エネルギー利用

ナノ構造分析実習 (物質システム科学専攻)
1. 可視吸収スペクトルの溶媒効果

   講演など 
  2013年2月 テクニカルショウヨコハマ2013
2013年1月 nonotech2013
2012年7月 Whistle 広報誌
2011年4月 学問紹介科目
2010年3月 科学の進歩研修会
2010年1月 講演
2010年1月 知ってるサイエンス
2007年2月 テクニカルショウ横浜
2006年11月 だがしや楽校

論叢・その他

   
   
 
フッターイメージ